世界に誇れる技術国になる

世界に誇れる技術国になる

2010年、バディットコンサルティングができる前に、
海外拠点を立ち上げたときのこと。
当時はチャイナブーム。現地支社を作る企業も多かったが、
まだまだ世界において日本は進んでいる。そういう認識だった。
いざ現地で様々な企業を視察して回ると、
日本企業よりも上位の技術資格をコールセンター全員が持っている。
簡易対応が日本で、難易度の高い対応を中国人が日本語で行っている。
とても勤勉で、ボロボロの参考書をみんなで使いまわしながら勉強している。
ハングリー精神が違う。日本が追いつかれるのも時間の問題だった。
現在の日本は、技術者だけでなく、技術力も不足している。
そういう危機感を強く抱いています。
だからこそ、バディットコンサルティングは教育への熱量が違います。
素質を見極め、育て、必ず日本を背負えるエンジニアを輩出していきます。

H.D 勤続年数2ヶ月 
大手美容予約WEBサイト開発

<経歴>
ベトナムの大学を卒業後日本へ。
WEB系企業にてサイト開発に従事。
2019年1月にバディットコンサルティングへ入社

国籍も経験も問わず、人間性を高く評価

バディットコンサルティングのグローバル企業としての具体的な取り組みは2つあります。
1つ目は外国籍でも活躍できるプロジェクトをたくさん受注できる環境があることです。私はまだ日本語が完璧ではないのですが、外資系を始めグローバルに強い企業との取引がたくさんあり、私たちの強みを最大限活かせるプロジェクトを用意してくれます。
2つ目は社長が海外での赴任経験があることから、外国籍の人材を積極的に取り入れています。世界にはまだまだ優れた能力を持っているけど、それぞれの事情で輝けていない人たちがたくさんいて、そういう人材をつなぎ合わせて世の中に貢献していく。バディットコンサルティング社は何事にもフラットな考え方を持っていて、国籍も経験も問わず、人間性を高く評価してくれる会社ですので今後も私たちの仲間が増えていくことがとても楽しみです。

世界で活躍できる人材になりたい

もともとベトナムの大学で情報科学を専攻していて将来はエンジニアになろうと考えていました。
日本の技術力もそうですが大きなマーケットがあることが一番の魅力でした。ベトナム自体がもともと親日国でもありますので日本との距離が近かったこともあります。
最終的には世界で活躍できる人材になりたいです。国際的でダイナミックな環境で働けるチャンスを活かし、プログラミング、語学(日本語、英語も!)と様々なスキルを磨いてレベルアップしていきたい。そして、将来的にはベトナムに帰国することも頭の隅にはあるので、その時はベトナム支社長として凱旋したいです!

社員同士のコミュニケーションの近さがとても心強い

バディットコンサルティングは社員との距離が近いです。 日本語もまだまだな外国籍の私ですが、社長をはじめ、皆こころよく受け入れてくれました。それどころか私がこれまで経験してきたことに興味を持ってもらい、技術についての勉強会まで発展したこともあります。
まだ立ち上げて間もないからこそ、社員同士のコミュニケーションの近さがとても心強いです。
また、それぞれの強みをや個性を最大限活かしてくれることも特徴です。
その先のキャリアまで見据えてプロジェクトのアサインをしていただけます。
私はフロントエンドを中心とした経験しかなく、前職でもフロントの案件しか対応させてもらえませんでしたが、現在ではサーバサイドまで手掛けられるプロジェクトに参画させていただきました。このチャンスを活かしフルスタックエンジニアを目指して行きたいと思います!

RECRUITチャレンジしたい君へ。

新しい自分にチャレンジしたい、一歩先のエンジニアを目指したい。
バディットコンサルティングは、未経験者も経験者も
互いに働きながら新しいことを学び、成長していく。
自分たちが作りたいものをワクワクしながらつくる、
そんな想いを大切に会社を創っていってくれる仲間を募集中です。