”普通の感覚”が活きる社会

”普通の感覚”が活きる社会

IT人材の不足はこれからさらに加速する。
一方で、未経験者がエンジニアとして受け入れてもらえるハードルが高いのも事実。
社会課題と受け入れ態勢の矛盾。誰かがここを解決しないといけない。
確かに情報系の学校出身、小さい頃からITに慣れ親しんでいる人材の方が
技術的に即戦力になりやすいでしょう。
しかし、実際に作られたサービスやプロダクトを使うのは、
必ずしもITに精通している人ばかりではありません。
一般の人が使うからこそ、一般の人の感覚を持っているエンジニアの感性が役に立つ。
バディットコンサルティングは、34人中17人が未経験出身。
新鮮な感覚を持ったエンジニアの疑問や反応が、
ベテランエンジニアに刺激をもたらし、化学反応を起こすこともしばしば。
未経験だからと言って気負う事はありません。
私たちは、高く堅実な技術力と、新しい感性によって、
これからの日本を背負うエンジニアを育てていきます。

M.N 勤続年数4ヶ月 
ネットワーク機器の検証、手順書作成

<経歴>
短大卒業後、証券会社でコールセンター業務に従事。
2018年11月バディットコンサルティング社へ入社。

将来的にも有効なキャリアが築ける

前職ではコールセンターでの仕事をしていましたが、スタッフの出入りが多い職場で漠然と将来に不安を感じ長期的に働ける環境を考えて転職活動を決意しました。
もともとパソコンを使うことが好きだったので、更に深い知識をつければ将来的にも有効なキャリアが築けるのではないかと思いました。
ただ、未経験には難しいという先入観があったので、入社したいというよりも本当に未経験の私でもエンジニアとして活躍できると思えるかを確かめるために応募したら、面接官が教育体制やプロジェクト参画後の流れやフォロー等をとても丁寧に説明してくれてチャレンジしてみようと思いバディットコンサルティングへの入社を決めました。

学びの場が多く、未経験でも安心できる

入社後1ヶ月ほどのIT研修を提携しているIT専門スクールで行います。
整った設備や熟練の講師の方々が丁寧にイチから教えてくれる環境でLinuxの基礎やコマンド操作、ネットワークの基礎知識を学びました。
机の上の勉強だけでなく、実機を使った演習なども行い体感しながら学習できたのは非常に良かったと思います。
また、研修終了後はネットワーク機器の検証業務からスタート。
右も左もわからない中、営業の方が細かくフォローしていただき不安なく立ち上がることができました。
定期的に先輩社員たちとの勉強会や懇親会なども開催され学べる場が多いのも安心できるところです。
この先は仮想化とかセキュリティ系も学んでネットワークのスペシャリストを目指したい、といってもまだよくわかっていなくてかっこつけで言っているだけなんですけどね(笑)

新人だからこそ持てる感覚

今はネットワーク機器の検証や手順書の作成業務を行っているのですが、先輩方から「大体決まっているから、こうすればいいよ」ということが結構多いんです。
でも私自身この業界のスタンダードがまだまだ理解していないことが多いからか、素直に疑問に思うことが時々あるんですよね。
先日も手順書のフォーマットが見づらいなと感じて、勇気を出して先輩やお客様に相談してみると「それは良い発見だ」と言ってくださいました。
私自身すごく自信になったことですし、新人だからこそ持てる感覚だと思いますので、今のうちに現場だけでなくバディットの先輩方にも良い影響を与えていければいいなと思います。

RECRUITチャレンジしたい君へ。

新しい自分にチャレンジしたい、一歩先のエンジニアを目指したい。
バディットコンサルティングは、未経験者も経験者も
互いに働きながら新しいことを学び、成長していく。
自分たちが作りたいものをワクワクしながらつくる、
そんな想いを大切に会社を創っていってくれる仲間を募集中です。